退職後初、クレジットカード申込みに挑戦

セミリタイア生活

 

固定資産税の支払いにnanacoは重要な役割

セブンカード・プラス が年会費無料になったとのことなので、申し込んでみることとした。しかも、明日7/15までの申し込みなら、最大5,000円のキャッシュバックがあるというキャンペーン中である。

近年、nanacoをクレジットチャージするときにポイントが貯まるカードが少なくなってきており、今、登録しているリクルートカードが使えなくなったときに次に備えるためである。nanacoは固定資産税の支払いに大活躍しており、支払い自体にはポイントは付かないのだが、クレジットチャージするときに、クレジットカードのポイントが付くので、実質、税金の支払いでポイントが貰えていることになる。

今のところ、固定資産税額を4期の分割払いにすれば、各期の支払いが5万円を超えるような高額な不動産は所有していないので、nanacoのチャージで問題なく支払える。固定資産税を払う機会が多いとは言え、私のような弱小大家の場合、貯まるポイントは、たかが年数千円程度だが、ケチな人間にとっては、捨ててしまうのはもったいないポイントでもある。

現在はリクルートカードを使用中だが

現在、使用しているリクルートカードは在職中から所有していたのだが、申し込んだことも忘れて封筒に入ったままであったのを、退職後に発見した。退職後に、在職中にリクルートカードを作っておけばよかったと後悔していたら、なぜか、リクルートカードと書かれた未開封の封筒が出てきて、何だこりゃと開封したら、リクルートカードが入っていた。

思い返すと、以前、家族旅行をしたときに、じゃらんでホテルを申し込んだのだが、そのときにリクルートカードを作ると宿泊代が2000円割引になるというので、2000円割引欲しさに作ったようだが、すっかり忘れていた。これ幸いにとクレジットチャージに登録したのだが、またこれもいつポイントが付かなくなるか分からないので、年会費が無料になったセブンカード・プラスを申し込むことにした。

問題は弱小大家の信用

問題は会社員でなくなった今、カード会社の審査に通るかである。過去にクレジットカードの引き落としやローンの支払いが残高不足で落ちなかったことは無いので、その点では信用を毀損していることはない。一番の懸念点は、会社員ではなく、私のような弱小大家の信用はどれくらいかということである。流通系のカードは比較的審査が甘いという話もあるようなので、なんとかPassすることを期待して申し込んでみた。

申し込みは、ハピタス を経由して行うとハピタスのポイントが3000ポイント貯まるそうなので、そちらを経由することとした。ハピタスにログインし、セブンカード・プラスを検索し、ポイントを貯めるボタンを押すと、セブンカード・プラスの申し込み画面に飛ぶので、そのまま、カード申し込みをする。途中、職業を選択するところがあり、「不動産収入」が選べたので、それを選択。年収は確定申告書に書いてある収入金額をそのまま記載した。つまり、単純な家賃収入の総額であり、管理費や修繕費などの費用を引く前の数字である。

とりあえず、申し込みは終了し、「入会受付完了」のメールを受信した。あくまでも受付完了であり、入会判定完了後に再度メールが来るとのこと。職業「不動産収入」かつ少額な年収で結果はどうなるか分からないが、結果が来たら、また、ご報告したいと思っている。カードの審査で通るか通らないかとドキドキしながら結果メールを待っているところが、いかにも会社員ではないセミリタイア生活だなあと感じた出来事であった。

当ブログは、にほんブログ村、FC2ブログランキング、人気ブログランキングに参加しています。面白かったらいずれかにポチっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

セミリタイア生活
小規模小借金の不動産投資でセミリタイアした私の方法

コメント