弱小大家のクレジットカード審査の結果

セミリタイア生活

審査結果のメールが来る

昼近くにメールを開いてみると、昨日の退職後初、クレジットカード申込みに挑戦 のカード審査の結果メールが来ていた。申し込み時に、審査には数日掛かることがありますとの記載があったので、「サラリーマンなら即時発行されるのだろうが、私のような弱小大家は時間かかるんだろうな。」という思い込みで、こんなにすぐに審査結果が来るとは予想していなかった。

そのメールのタイトルが、「カードオンライン入会判定結果のお知らせ」という微妙な表現であった。審査に通っているのなら、「カード発行のお知らせ」や「カード審査承認のお知らせ」等の表現になるのではないか、たいして時間もかからず「判定結果のお知らせ」というメールを送ってくるということは、「ご希望に添えず申し訳ございません。」という中身を感じさせる。こりゃ落ちたなと思いつつ、とにかく、メールを開いてみることとした。

メールを開いてみると

メールのタイトルからして、こりゃ落ちたなと諦めの心境でメールを開いてみると、

「このたびは「セブンカード・プラス・J(一体型)」にお申し込みくださり、誠にありがとうございました。
お申し込みされたカードの入会判定が完了し、カード発送の準備をしております。
カードのお届けまでいましばらくお時間をくださいますようお願い申しあげます。」

との文言であった。これは審査通っているということでいいんだよね、だったら、メールのタイトルを前向きな表現にしてほしいなとか、審査に通ったとはっきり書いてほしいなとか不満を思いつつも、退職後でもクレジットカードが作れたことで妙な高揚感があった。なにはともあれ、時間もかからずあっさり審査を通ってしまった。

退職してもクレジットカードが作れる

今回は比較的審査が緩いと言われている流通系のクレジットカードであったが、退職して専業の弱小大家になっても、クレジットカードの審査は通ることが分かった。申し込み時に記載した年収も、嘘偽り無く昨年に所有していた13室(このうち、1室は昨年途中で購入、1室は昨年年途中で売却)の小規模な家賃収入を合計した金額をそのまま記載した。この数字は確定申告の収入金額等の数字そのものである。

ちなみに、過去、これまでに銀行口座の残高不足でカードの引き落としやローンの引き落としが出来なかったという汚点を一度も残していない。はたして、その実績が認められて、弱小大家でも審査に通ったのだろうか?

何が勝因だったのかはよく分からないが、とにかく無事にセブンカード・プラスが作れたので、カードが到着次第、nanacoにチャージして所有物件の固定資産税の支払いに使用していくことにする。

当ブログは、にほんブログ村、FC2ブログランキング、人気ブログランキングに参加しています。面白かったらいずれかにポチっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

セミリタイア生活
小規模小借金の不動産投資でセミリタイアした私の方法

コメント