炎天下の草むしり地獄 ~数少ないDIYネタ~

不動産投資

 

賃貸募集中の一戸建てがたいへんなことに

昨年購入した一戸建ての話である。5月に購入して、7月にはリフォームも終了し、賃貸募集を開始した。募集開始後、2ヶ月で数回問い合わせがあったが、なかなか入居者は決まらなかった。私は、その原因を調べるべく、2ヶ月ぶりに物件に出向いた。そこで、私が見たのは衝撃的な光景であった。

この家は、南側の隣地との狭い隙間にアジサイを植えていて、それが、リフォーム終了までは、いい感じに花をつけていた。これは内見のときのアピールポイントになると、内心、ほくそ笑んでいた。しかし、9月に現地に行くと、このアジサイが異常に伸び、隣地にはみ出しまくるくらいにぼうぼうに伸びていた。

私は、このままでは入居者は決まらないだろうという思いと、南側の隣地の家に迷惑を掛けている状況に驚き、急ぎ、草刈り業者に見積を頼むことにした。

夏の草刈り業者は多忙

私は、インターネットで草刈り業者数社に見積依頼をした。プロに頼む以上、これ以上草が生えてこないように、家の周り4辺の草を根から引っこ抜く草むしりとその草のごみ処分、さらには、防草シートを敷いて砂利を撒くまでの見積依頼を出した。しかし、夏は依頼が多いのか、反応が無く、2社だけが電話連絡をくれた。そのうち1社は見積に行けるのが2週間後ということで、却下。残る1社が1週間後に見積を出してくれたが、金額が10万8千円で、現地に行けるのが早くて2週間後とのことだった。

隣地に迷惑を掛けている以上、あと2週間は待てない。そこで私は、自力で草むしりをすることにした。問題は、この草のごみをどう処分するかである。会社員時代に別の一戸建てで、家族で草刈りをしたことがあった。そのとき刈った草は大した量ではなかったので、刈った草をビニール製のごみ袋に入れて、車に乗せて自宅まで持ってきたのだが、帰る途中で、芋虫が車のダッシュボードの上を這っていたことがあって、それ以来、車に乗せて刈った草を自宅に運ぶことはしていない。しかも、今回は草を処分する量が凄いので、そもそも車に乗せることができない。

また、近所のごみ捨て日に。ゴミ置き場に大量に草の入ったゴミ袋を出してしまっては、近所の人たちがごみを置く場所が無くなってしまうので、それも申し訳ないと思っていた。

困っていたところインターネットで

むしった草の処分をどうしたらよいだろうかと悩んでインターネットで不動産投資のブログを徘徊していたところ、あるブログで、処分する草をしばらく外で放置しておけば、水分が抜けて小さくなるという記事を見つけた。これだと思った私は、とにかく、まずは草をむしって放置すべく、迷惑を掛けた隣地への菓子折りを準備し、現地に向かったのだった。(その2へ続く)

草むしりの途中の写真。アジサイが凄いことに。

当ブログは、にほんブログ村、FC2ブログランキング、人気ブログランキングに参加しています。面白かったらいずれかにポチっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

不動産投資
小規模小借金の不動産投資でセミリタイアした私の方法

コメント