ネット検索以外で物件を購入した話

不動産投資

以前の記事私の割安物件の購入方法 において、私の物件購入方法はひたすらネットで検索し、良い物件があれば、可能な限り早く現地を調査する方法であるという話を書いた。

また、前回の記事更新手続きの連絡が来る を書いたときに、このツワモノ女性入居者の物件をオーナーチェンジで購入した時のことを思い出したので、記しておきたい。

この物件は私の所有物件のうち唯一、ネット検索以外で購入した物件である。

前年に物件購入したときの仲介会社より電話が

現役のサラリーマンで不動産投資もまだ区分所有が数室というレベルの時代の話である。とある日曜日に私は家族と外出していた。サラリーマンあるあるの休日の家族サービスである。その外出先で、当時はまだガラケーであった携帯に電話が掛かってきた。何事かとガラケーを開いてみると、前の年、中古のワンルームマンションを購入した不動産業者からであった。

この不動産業者は、自社ブランドのワンルームマンションを販売する分譲会社の子会社であり、新築購入されたワンルームの賃貸管理をおもに行いつつ、オーナーが所有するワンルームを中古物件として売りに出すときの仲介も行っている。

この前の年に、私は条件が良いと思われる1件の中古のワンルームマンションをネットで発見し購入したのだが、その物件の専属専任媒介をしていたのが、この会社であった。その物件は金額的にはお得に購入できたため、今でも、買い値の1.5倍くらいの金額で売りませんかという電話がいろんな業者からしょっちゅう掛かってくる。

前年に購入したときの担当者から提案あり

去年買ったときの不動産仲介会社からの電話に、何事か、購入した物件に何か問題があったのかと、恐る恐る電話に出てみた。電話をしてきたのは、前回の物件を購入した時の担当者であった。「お久しぶりです。物件、まだ探されていますか?○○に良い物件が出たんですよ。お知らせしたくて、お電話しました。」

とのことであった。こういう連絡をうけることはたまにある。しかし、たいていは前回に購入した物件より今一つの場合が多いが、とりあえずはどのような物件か聞いてみる。ワンルームの物件だが、ざっと聞いた限りは条件は良さそうである。

「今が外出中で帰ったら検討するので、販売図面をFaxしておいてください。」とお願いしたところ、出てきてすぐの物件なので、販売図面はまだないという。仕方なく、新築時のパンフレットの間取り図とフロア図のみFaxしてもらうとした。

資料を見てみて、思わず

家族とともに夕方、帰宅した。そして、Faxの資料を見てみる。かなり良い。私は居ても立っても居られない状態になり、一人車を走らせて現地に向かった。10月だったので日が暮れるのも早い。そのマンションの前に到着したときは、すでに暗かったので外観の細かいところまでは見えないが雰囲気と思い込みで良しと判断した。

オーナーチェンジなので、オートロックの中にも入れず、外から様子をうかがうだけだが、マンションの管理も問題なさそうであるし、マンションの周りもとくにいかがわしい感じではなく、買いだと直感した。私は、その場でその不動産会社に電話し、担当者に売主の希望価格に対して30万円の指値が通るなら、購入したいと伝えた。

物件名が記入された買付証明書をFaxしてもらい、帰宅後急いで金額と署名捺印してFaxで返信した。あわただしい日曜日であった。

翌日の月曜日、その担当者から電話があり、30万円の指値が通ったと連絡があった。

決済、そして、担当者とのその後

後日、売主と売買契約を行い、私はメインバンクにローンを申し込み、無事に承認されて銀行とローン契約を行い、そしてその数日後に決済となった。決済後、この物件を紹介してくれた担当者から、また、いい物件があれば紹介しますよと言われたが、昨年購入したのもワンルーム、今年もワンルームとなって、ワンルームばかり買っていても仕方がないと思い、もうこれ以上ワンルームは購入しないと伝えた。

私より若い担当者であったが、最小限の労力で最大限の効果を生むような働きをしており、営業成績も良さそうな雰囲気を醸し出している営業マンであった。やはり上流で物件をつかむには、今回の担当者のような人間とタッグを組むのがいいのだろう。ただ、私の考えとしては、ワンルームよりは1LDKや2DKや一戸建ての方が実需向けの出口が描けるので、できれはそちらを買い進めたい。そのため、次回の申し出を断った。しかし、この担当者と縁が切れるのはちょっと残念な気がしたのも事実である。

当ブログは、にほんブログ村、FC2ブログランキング、人気ブログランキングに参加しています。面白かったらいずれかにポチっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

不動産投資
小規模小借金の不動産投資でセミリタイアした私の方法

コメント