公開前の物件情報をもらう方法 最終回

不動産投資

売買契約に進む

売買契約は日曜日に行われた。売主は司法書士が代行するということで、現れることはなかった。2室持っていたお金持ちはどんな人か興味があったが、残念であった。

くだんの担当は思っていたより若かった。私よりだいぶ年下と思われた。売買契約は滞りなく行われ、終了後、担当者は私に封筒を渡し、これに銀行融資の申し込みに必要な書類はすべて入っています、このまま提出してもらえば問題はないと思いますと言っていた。

私はその週の平日に午前休を取得し、メインバンクに行きローンの申し込みを行った。1週間ほどでローンの承認は下り、また、平日に午前休を取得し、ローンの契約を行った。そして、決済当日を迎えることとなる。

決済後、担当者より申し出あり

決済は私のメインバンクの応接室で行われた。このときも売主は現れず、結局、この取引は売主と会うことなく終わった。無事に決済が済んで、帰宅しようとしたときに、担当者から声が掛かった。

「良かったら、次も紹介しますが、どうですか?」

私は、融資の枠はまだ残っているので、今回くらい金額で今回くらいの利回りの良い物件があるなら購入したいと伝えた。まさか、その1年後に本当に物件を紹介してくるとは、そのときは夢にも思わず、この取引で特にこの担当者に謝礼を渡すということもしていなかった。

そして、1年後に突然記事ネット検索以外で物件を購入した話 のように、公開前の物件の連絡をしてくれたのであった。

謝礼よりもWin-Winの関係が重要

公開前の物件の情報を教えてもらうには、担当者とWin-Winの関係を築くことが重要である。つまり、前年のこの取引において、私は、

・紹介から購入までの時間が短い
・自分の融資残枠を把握している
・融資の手続きをすべて自分で行っている

ということをこの担当者に示している。

不動産仲介の担当者にとっては、契約までこぎつけたがローンの承認が下りずに、契約が水に流れるのが、成功報酬の仲介手数料も返金しなくてはならず、一番のダメージである。そのため、メインバンクを持ち、自分の融資残枠を把握している私は、買主としての安心感が大きい。

また、すでにメインバンクがあるので、担当者が買主にローンを貸してくれそうな銀行を探す必要も無く、手続きも必要書類を渡せば、すべて私が手配してくれる。

つまり、担当者から見て私は、利回りや築年・立地などの条件はうるさいが、それにミートする物件を紹介すれば、確実に購入してくれ、かつ手間いらずな客だと認識されたようだ。

物件を購入した後、購入時の担当者から公開前の物件を紹介してもらうことは今回だけではなかった。ただ、たいていの不動産担当者はこちらの希望を正確に把握してなくて、こちらの希望条件からかけ離れたものを紹介してくることが多い。条件が合わないので断るとそれっきりというパターンになる。

しかし、この担当者は私の条件に合いそうなものを1年越しで紹介してきた。こういう担当者はなかなかお目に掛かれない。

このような気が利く担当者とタッグを組めれば、自分と同じ目線で、しかも未公開の物件も探してくれるのである。記事私の割安物件の購入方法 のようなネットで争奪戦をしているより大いに手間が省けるというものである。

謝礼を渡すのではなく、優秀な担当者とお互いにWin-Winの関係を築けるかが、公開前の良質な物件情報を紹介してもえる鍵になるということを実感した物件購入体験であった

当ブログは、にほんブログ村、FC2ブログランキング、人気ブログランキングに参加しています。面白かったらいずれかにポチっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

不動産投資
小規模小借金の不動産投資でセミリタイアした私の方法

コメント