国勢調査は本日が期限

セミリタイア生活

国勢調査の提出期限は本日まで

本日、10/7が国勢調査の回答提出の締め切り日である。私は、先日、インターネット回答を行った。インターネット回答はとても楽で、以前の手書きと比べて、入力する時間は半分程度で済んだ気がする。紙の場合、解答用紙とマニュアルを見比べながら記入していくのだが、インターネット回答では、回答する場ごとに説明がついているので、画面を見ながら入力していくだけである。

また、私の場合は、字が下手なので、紙入力の場合、読めなかったどうしようかという思いで、出来るだけ丁寧に書こうとすると、それだけで疲れてしまう。その点でもインターネット回答は楽であった。

まだの方は、本日が締め切りなので、急ぎ、インターネット回答されることをお勧めする。

自分の一週間の仕事の回答に悩む

国勢調査で1週間の仕事という項目がある。これは、どれを選ぶか少々迷った。

・仕事
・家事などのほかの仕事
・仕事を休んでいた
・仕事を探していた
・その他(幼児や高齢など)

専業大家というのは、仕事で良いのだろうか。それとも、記事セミリタイアの日常生活 ~日々の暮らし~ で書いたように家で朝食の後片付けや買い物をしているので、家事などのほかの仕事か?大家が仕事でなければ、仕事を探しているわけではないので、仕事を休んでいたになるのか。

セミリタイアというからには、仕事を休んでいたを選択するのが正しいような気がする。ただ、仕事を休んでいたというのは、よくよく解説をみると、病気や休暇などで休んでいた場合とのことで、セミリタイアはちょっと違いそうである。そうなると、その他(幼児や高齢など)を選択するかと思ったが、年齢的には変かなという気もしてきて、最終的に専業大家も立派な仕事だと無理やり解釈し、「・仕事」を選択することにした。

妻は、「主に家事をしていて、自家営業の手伝い」をしているので、「・家事などのほかの仕事」に該当するとした。自家営業とは、私の専業大家業であり、事実、我が家は私が個人事業主となっていて、妻が青色専従者となっているので、この選択は問題ない気がする。

表向きだけでなく、妻は我が家の大家業のサポートに尽力してくれている。

妻は有能な秘書

会社員時代に話はさかのぼる。区分所有の場合、年一回、総会の案内が来る。私の場合、最大時は区分所有10室持っており、各マンションの管理会社から、総会の案内と総会の議事録が送られてくる。

ただですら、ズボラな性格な上に多忙の会社員であったので、ダイニングテーブルの私の席の近くの床には、総会関係の未開封の封筒がうず高く積まれているような状態であった。それ以外にも、税金関係や賃貸管理会社関係などの未開封の封筒も加わり、阿鼻叫喚の世界になっていた。

区分所有の総会においては、特別決議があるときなどは、委任状と出席者の合計が3/4以上にならないと決議できない。そのため、出席表兼委任状の集まりが悪いときは、我が家の固定電話に提出を催促する電話が掛かってくる。私は会社に行っているので、受けるのは妻になる。妻は、管理会社の困るんですよねという口調の電話を何度か受けたところで、自ら立ち上がった。

各物件のクリアファイルを作成し、私の横にうず高く積まれていた未開封の封筒を開封し、一つ一つ、提出が必要なものはないか確認しながら、物件毎のクリアファイルにまとめていった。また、火災保険契約の確認のはがきや、賃貸管理会社から送られてくる家賃入金のお知らせなど、すべて、物件毎のクリアファイルに入れた。そして、その後も送られてくる封筒もすぐに開封し、回答が必要なものについては教えてくれ、回答不要なものは、物件毎のファイルにまとめてくれている。

それ以外にも、健康診断や自動車税などの行政からの通知や自宅の火災保険や家族の入院保険の通知なども、開封してチェックしてくれ、回答や納付が必要なものについては、締め切り日を教えてくれる。おかげで、その後、提出や支払い遅れといった事態は一度も起きていない。

実は今回の国勢調査も、妻からそろそろ回答だよと教えてもらって行ったものである。

当ブログは、にほんブログ村と人気ブログランキングに参加しています。面白かったらどちらかポチっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

セミリタイア生活不動産投資
小規模小借金の不動産投資でセミリタイアした私の方法

コメント