mini DVデータの移行をする 最終回

セミリタイア生活

最悪の事態でとにかく考える

前回の記事mini DVデータの移行をする で述べたようにmini DVのカメラを2泊3日でレンタルしてきてから、録画できないという事実に気付いた私は、最初から、ダビングサービスに依頼すれば良かったと後悔した。

しかし、レンタル料を支払ってカメラ本体をレンタルしてしまった以上、なんとかするしかないと思い、インターネットで打開策を調べ始めた。そこでようやく、アナログ三線端子をUSB端子に変換してPCにデータを落とすケーブルがあることを知る。安くて早く到着しそうな商品を探すと、AmazonでI-O DATA ビデオ/VHS 8mm DVD ダビング パソコン取り込み ビデオキャプチャー 「アナレコ」 GV-USB2を見つけた。

幸い、Amazonプライムの会員なので、返却日の午前中には到着する。返却日の午前中に到着すれば、数本はお試しできそうであると思い、即、注文した。一瞬、家電量販店に買いに行くことも考えたが、こういう附属品は品薄で無駄足になる可能性があることと、あっても割高なことがあるので、確実にAmazonで頼むことにした。

ケーブルが到着し、早速、接続すると

Amazonからは予定通り、カメラ返却日の午前中に品物が到着した。もう、返却まで数時間しか時間が無いが、自分でできるかどうかの確認のため、mini DVのデータをPCの外付けハードディスクに落とせるか、チャレンジしてみることにした。

まずは購入したコードに備え付けのソフトをPCにインストールする。そして、ビデオカメラの三線コードに購入したコードを接続し、ビデオカメラの再生ボタンを押すと、「おおっ!」とPCの画面に子供の赤ちゃん時代の映像が映っている。これは行けると思い、その日はmini DV 3本ほどのデータを外付けハードディスクに落として、カメラを返却に向かった。

この方法でmini DVのデータが落とせることが分かったので、後日、もう一度、2泊3日で同じmini DVカメラをレンタルし、40本すべてのデータを外付けハードディスクに落とした。結局、カメラレンタル代が2泊3日を2回分と、急遽購入したケーブル代で、最初から、ダビングサービスに依頼するのと費用的には変わらなくなってしまった。

DVDを作成し、家族で鑑賞

データを落とした後、再生用DVDを作成する。ただ、約40本の再生用DVDを作るのも面倒なので、子供が歩き始める前後の日常と旅行の再生用DVDを作成し、家族で鑑賞した。

子供が赤ちゃんのころの動画を10年ぶりくらいに見たが、写真とは違い、その場にいるような不思議な臨場感がある。また、現在、横にいる子供を見ると、ずいぶんと成長したなぁと改めて思う。子供は自分が赤ちゃんの時の写真は見たことがあったが、映像は初めてで、とても面白かったらしい。

長年、やらなくてはと気に留めていたのだがなかなか時間が取れずに放置していたmini DVのデータ移行が出来て、気分的にすっきりした。

セミリタイアした暇人ならではの企画であり、しかも失敗により予定よりだいぶお金が掛かってしまったが、家族からはたいへん好評であったので良しとしたい。

当ブログは、にほんブログ村、FC2ブログランキング、人気ブログランキングに参加しています。面白かったらいずれかにポチっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

(スポンサーリンク)年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ちを紹介します。不動産投資を行う上で、とても参考になった本です。「フルローン投資」は儲からないなど、不動産業界に対して歯に衣着せぬもの言いで、ためになる話が多いです。お得な文庫本もあるようですので、良かったら見てみてください。リンク先で試し読みができます。

セミリタイア生活
小規模小借金の不動産投資でセミリタイアした私の方法

コメント