退職後初、歯医者に行く

セミリタイア生活

歯を磨いていると違和感が…

先日、歯を磨いていたところ、右奥歯の側面を磨いていたときに、歯ブラシと歯の間に何か異物が引っ掛かっているのを感じた。何事かと思って、吐き出してみると、右上奥歯側面の虫歯を治療したときの詰め物が取れてしまったことが分かった。

こんなところがかつて虫歯だったのか、いつ治療したのかなど思い出してみるが、まったく記憶にない。取れてしまった白い詰め物も、一部分は真っ黒に変色しており、かなり以前のものであると感じさせた。おそらく、子供のころの虫歯の治療痕だったと思われる。

退職後は、医療費を払いたくない一心で、虫歯にもならないように念入りに歯を磨いている。退職して時間もあるので、ブログなどを見ながら、しつこく磨き続けている。

しかし、今回はそれがあだになったようである。おそらく歯ブラシの刃先が、歯と詰め物の間の微妙な隙間に何度も当たっていたのだろう。それで、詰め物が徐々に剥がれてきて、最終的に取れてしまったものと思われる。

とくに痛むとかしみるとかはないのだが、いずれはこの詰め物が取れた穴に、食べ物のカスが貯まって、虫歯になってしまうだろう。医療費を最小限にするには、治療を早くしなければならない。

ここで、問題は歯医者選びである。

単身赴任時に歯が痛み始めたときの話

単身赴任時に歯が痛くなったことがある。上前歯から4本目であったが、明らかに虫歯の痛みであった。歯医者に行かなくてはならないことは間違いないのだが、週末は東京に帰ることもあったので、土日に歯医者に行くことはできない。

平日に、かなり無理すればだが早めに帰れる曜日は、1日だけあった。私は、その曜日に20:00まで開診している歯医者を探したところ、付近には1か所しか無かった。選択肢も無かったので、その歯科医院に電話して、診察の予約をした。

当日になり、会社を無理して早めに抜け出して、19:00に予約した歯医者に直行した。歯医者に到着してから、保険証を提出し、歯を磨いていた。

しばらくしてから、診察室に呼ばれ、すぐにレントゲンを撮らされた。すると問題の歯の虫歯は神経まで達していて、神経を抜かなければならないとのこと。単身赴任中に厄介なことになったわいと思っていると、その日のうちに、麻酔を打ち、歯を削り、神経を抜くまでの大手術が行われた。

次の週の同じ曜日、同じ時間で予約をし、社宅に帰ったが、麻酔の効き目が無くなると、猛烈な痛みでのたうち回って、眠るどころではなかった。

いつになったら終わるのか分からない治療

ここから、残っている神経を除去するために、3回ほど通った。神経が完全に死んでいるのか、毎回、問題の歯を叩くのだが、最初は猛烈に痛くて、目から火が出た。

平日に会社を周囲に無理を言って早く帰るのもストレスになっていて、早くこの痛みが無くなって、詰め物をして、歯医者通いを終了したかった。最後は、歯を叩かれたときに、多少痛みはあったが、大丈夫ですと嘘を言い、ようやく詰め物の型を取るところまで来た。

実際には詰め物ではなく、上からかぶせるものだという。選択肢は、

・保険の銀
・保険の白
・保険外の白

のどれかだと言う。前から4本目で人から見えるところなので、保険の白も選択肢にあるというが、あまりお勧めではないとのだった。記事プロパンガス地獄~単身赴任時代の話~ で書いた生活に苦しい私は、躊躇なく保険の銀にした。

翌週に保険の銀のかぶせものが入り、ようやく終わったわいと思っていると、かみ合わせを見たいから、翌週に来いと言う。仕方なく、翌週行くと、かみ合わせを少々調整した後、他の歯のここが怪しいから治療を始めましょうと引っ張り始めた。そして、仮の詰め物をして、次回に詰めますから、また来てくださいという、歯医者によくある引っ張りモードに入ってしまった。仮の詰め物のままではさすがに止める訳にはいかず、次の診察に向かうしかない。

これを何回か繰り返し、さらに歯石取りまで行った。最後にやることが無くなると、歯科医は定期的に点検をするので、3か月後の予約を入れて帰ってくださいと言ってきた。

帰りの受付で、診察料を払ったときに、医療事務の女性が、「次の点検はいつにされますか?」と聞いてきたので、「3か月後の予定なんか、わかりません!」とキレて帰ってきた。

今回の対応

長々書いたが、歯医者に行くときは、あっさりした歯医者を選ぶことが重要である。単身赴任時は、早めに退社できる曜日の夜まで開診している歯科医院がそこしかなかったので、選択肢が無かったが、今は、セミリタイアで時間があるので、選び放題である。

幸い、今、住んでいるところでは、妻が自らの治療で数々の苦労をして、引っ張りモードにならない素晴らしい歯科医院を見つけてくれていた。私はそこに電話を掛けて、予約を入れた。当日は、施術5分、費用約1500円でこの治療を終了することができた。

と同時に、単身赴任時に苦労したことが思い出されたので、記事にしてみた。

当ブログは、にほんブログ村、FC2ブログランキング、人気ブログランキングに参加しています。面白かったらいずれかにポチっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

(スポンサーリンク)年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ちを紹介します。不動産投資を行う上で、とても参考になった本です。「フルローン投資」は儲からないなど、不動産業界に対して歯に衣着せぬもの言いで、ためになる話が多いです。お得な文庫本もあるようですので、良かったら見てみてください。リンク先で試し読みができます。

セミリタイア生活
小規模小借金の不動産投資でセミリタイアした私の方法

コメント