預金額の12月末update~ブログ史上最大の赤字~

セミリタイア生活

本年の初記事のタイトルが微妙である。

記事小規模不動産投資のセミリタイアは成功か失敗か検証する で書いたように、小規模小借金の不動産投資によるセミリタイアが成功か否かを検証するために、毎月末、預金残高のチェックをしている。(不動産投資の手取り収入)が(生活費+税金+社会保険料)より多いのか少ないのかを、預金額の増減で判断している。

本年の初記事にもかかわらず、今回は微妙なタイトルとなった。

12月は大幅な赤字、大家の仕事は少なかった

12月は前月比で―30万円とブログ史上最大の赤字であった。記事苦しい近況 で書いたが来るものが来たという結果であった。詳細は後ほど述べることにする。

先月の大家の仕事は、恐ろしく少なかった。

12月の大家の仕事

【初旬】
家賃振込確認のため銀行に記帳に行く

【下旬】
地代、管理費の振込
固定資産税の支払いにコンビニに行く
税務署に所得税徴収高計算書の提出に行く

ここに書いた仕事以外では、適宜インターネットバンキングで家賃の入金はチェックしているくらいである。

特にトラブルも退去連絡もなく、預金減の恐怖に耐えるだけの一ヶ月であった。

大幅赤字の詳細

12月の大幅赤字の最大の要因は、記事苦しい近況 で紹介した、クレジットカード払いした車の修理費用である。そのカードの引き落としが12月に来た。それだけなら、―30万円にはならないのだが、年末はいろいろと家族で掛かる費用があり、車の修理がなくても、マイナスの月であった。

記事預金額の11月末update~大幅な黒字、その訳は~ で書いた懸案事項であった家賃をプチ滞納する2件だが、どちらも年内に振り込んで来ており、そのマイナスは無く、純粋に収入が支出に追いつかない月であった。

退職したときには、子供が社会人になるまでに、退職金全額とさらに私自身の預金のうち500万円までは預金を減らすことまでは最悪ケースとして想定して、セミリタイアに踏み切った。しかし、そうは思っていても、マイナスになってしまう月は、本当に持ちこたえられるのかと、将来の不安を感じざるを得ない。プラスになった月は、安心を感じる。

本来は、その月その月でプラスだ、マイナスだと言っても意味は無く、長いスパンで見ないといけないのは理解しているのだが、それでも、毎月、家賃が入ってきて、その月の手取りでその月の生活費が賄えたかどうかの収支は気になってしまう。

ということで、子供がいる家庭でも、弱小大家でセミリタイア可能なのか、それとも苦しいのか、今後も引き続き、心情的に安心と不安を感じる毎月の預金額のチェックで検証していくことにする。

年末よりひたすら引きこもる

東京の新型コロナウィルス感染者数がたいへんなことになっている。幸い、12月は大家の仕事が上記のように少なかったので、記事手荒れ物語 で書いたようにスーパーに買い物に行くのと、12月末に固定資産税3期の期限がある自治体が多いので、その支払いにセブンイレブンに行ったことと、記事年賀状を書く~元同僚たちに対する思い~ で書いた年賀状の購入と送付以外は、ひたすら家に引きこもっていた。

セブンイレブンに敢えて行くのは、記事退職後初、クレジットカード申込みに挑戦 で書いたセブンカードプラスで支払って、クレジットチャージのポイントを貯めるためである。

年末になると東京の感染者数の増加が加速してきたため、さらなる引きこもりのため、ネットスーパーを使うようになった。12/31到着で楽天西友ネットスーパーを始めて使ったのだが、初回限定500円OFFクーポンの存在に気付かずに、500円損してしまった。もし、楽天西友ネットスーパーを使ってみようという人は、ぜひ初回限定500円OFFクーポンをゲットしてから、買い物をしてほしい。

ネットスーパーの利用により、1月は大家の仕事が無ければ、完全な引きこもり生活になる予定である。現在、東京都が午後8時以降の不要不急の外出自粛を要請しているが、年が明けてからは、私と妻に至っては、終日、不要不急の外出自粛をしている。

今月、私と妻が外出したのは、年賀状をポストに投函するくらいである。妻はこれにごみ出しが加わり、私は子供の習い事の車での送迎が加わるくらいである。子供の送迎の際に私は車からは降りてはいないので、私たち夫婦はほぼ外出無しと言っていい。

そろそろ確定申告の準備も始めなければならず、複式簿記の帳簿もまだ全く付けていない。外出自粛しつつ確定申告の作業をしながら、コロナ感染者数が落ち着いてくるのを待とうと思っている。

コメント