預金額の1月末update~プチ滞納による赤字発生~

セミリタイア生活

記事小規模不動産投資のセミリタイアは成功か失敗か検証する で書いたように、小規模小借金の不動産投資によるセミリタイアが成功か否かを検証するために、毎月末、預金残高のチェックをしている。(不動産投資の手取り収入)が(生活費+税金+社会保険料)より多いのか少ないのかを、預金額の増減で判断している。

12月の預金額の12月末update~ブログ史上最大の赤字~ に引き続き、1月も赤字であった。また、大家の仕事は少なかった。

1月は前月比で―15万円と赤字であった。

先月の大家の仕事は、恐ろしく少なく、変わったことは、記事所有している物件の隣地に携帯の基地局が建設される話 で書いた携帯基地局の件くらいである。

1月の大家の仕事

【初旬】
なにも無し

【中旬】
なにも無し

【下旬】
地代、管理費の振込
携帯基地局に関する訪問を受ける
家賃振込確認のため銀行に記帳に行く

ここに書いた仕事以外では、適宜インターネットバンキングで家賃の入金はチェックしているくらいである。

また、特にトラブルや退去の連絡は無かった。

プチ滞納再び

以前にも書いたプチ滞納気味の2件だが、ここ2ヶ月ほどプチ滞納が収まっていた。しかし、1月は2件とも月末に家賃を振り込んで来なかったという結果になった。そのため、1月の赤字の主なものは2件分の家賃が丸々入って来なかったことによるものである。

2/1の段階で、1件はインターネットで確認したところ未入金であり、もう1件は銀行で記帳しないと分からないので不明という状況。

今後、トラブルにならないことを祈るのみである。

入院保険の1年分の一括支払いも大きかった

毎年、1月末に入院保険の1年分の一括払いを行っている。私と妻の入院保険なので、かなりの額になるが仕方がない。歳を取るにつれて、保険料も上がってきている。この出費もかなり大きかった。

若いセミリタイアラーには、すぐには影響ないのだが、中年セミリタイアラーの場合はこの民間の保険料についても、セミリタイア生活の家計を圧迫する要因になる。

ちなみに、我が家の場合、保険に入っているのは入院保険のみで、生命保険には入っていない。我が家の場合、住宅ローンと不動産投資ローンの団信が生命保険の代替となっている。

引きこもり生活は継続中

以前、県営住宅雑感 という記事を書いたが、それ以外は1月は引きこもりを継続していた。食料品や日用品の買い物については、以前にも書いたがネットスーパーで買い物をしている。

現在利用しているのは、アマゾンfreshと楽天西友ネットスーパーである。一つのネットスーパーでは、欲しいものが手に入らなかったり、妙に高いということがあったりするので、2つを使うことで、それぞれが補完でき、なんとか足りないものがないという状態で引きこもり生活を可能にしている。



アマゾンfreshは購入は4000円以上からであり、通常は送料が掛かるが、毎月500円でfreshメンバーになると送料が無料になる。楽天西友ネットスーパーは送料は掛かるが2000円から配送してくれるので、小回りが利く。さらにある程度購入すれば、送料も無料になる。

手荒れ物語 で書いたが、店に行くたびにアルコール消毒液を手にぶっかけまくって来たために、手荒れがひどかったが、すっかり店に行かなくなったせいか、妻も私も手荒れが大幅に改善してきた。

そんなこともあり、これまでネットスーパーは使っていなかったが、なかなか使えるじゃんと改めて見直している。ちなみに、アマゾンfreshは初月は無料でfreshメンバーになることができ、送料が無料になる。

楽天西友ネットスーパーは初回のお買い物に使える500円のクーポンがあるので、これから試してみようという方は、ぜひゲットしてみてほしい。私は、この存在に気付かずに初回の買い物をしてしまったため、クーポンを逃してしまい、惜しいことをしてしまった。

この引きこもり生活はコロナの様子を見つつではあるが、当面はネットスーパーで何とかしのげそうなので、今のところ2月も継続することにしている。

コメント