預金額の2月末update~3ヶ月連続の大幅赤字~

セミリタイア生活

記事小規模不動産投資のセミリタイアは成功か失敗か検証する で書いたように、小規模小借金の不動産投資によるセミリタイアが成功か否かを検証するために、毎月末、預金残高のチェックをしている。(不動産投資の手取り収入)が(生活費+税金+社会保険料)より多いのか少ないのかを、預金額の増減で判断している。

2月の預金額は前月比で―21万円と、12月、1月に引き続き、大幅に赤字であった。

2月の大家の仕事だが、前半に、以前弱小大家の近況~苦しい2月~ で書いた水回りの修理があったが、後半の網膜剥離の手術入院期間中は、大家の仕事はほとんどなく、助かった。大家の仕事は乗り切ったものの、赤字は大きかった。

2月の大家の仕事

【初旬】
家賃振込確認のため銀行に記帳に行く
水回り修理対応

【中旬】
なにも無し

【下旬】
地代、管理費の振込
水回り修理代の振込
固定資産税の払い込み
退去の連絡を受ける

ここに書いた仕事以外では、適宜インターネットバンキングで家賃の入金はチェックしているくらいである。

また、網膜剝離の入院前は確定申告の帳簿作成を少しずつ行っていた。ただし、目がつらく、遅々として進まず、まだ、完成してはいない。今年は申告期限が1ヶ月遅くなったので、たいへん助かった。

2月の赤字要因

2月の赤字に要因としては、

・水回り修理
・昨年末に支払った固定資産税のクレジットチャージの引き落とし
・さらにもう一件のプチ滞納

が挙げられる。

水回り修理

記事弱小大家の近況~苦しい2月~ で書いた2件の水回り修理のうち、修理費約20万円の1件が完了した。その振り込みを2月中に行ったことが、かなり2月の赤字に効いている。

固定資産税のクレジットチャージの引き落とし

固定資産税の支払いにおいては、以前退職後初、クレジットカード申込みに挑戦 で書いたようにnanacoで支払うことで、クレジットチャージのポイントを貯めている。

昨年末に自宅を含め、ほとんどの物件の固定資産税の第3期の払い込みがあり、その時のnanacoへのクレジットチャージしたカードの引き落としが、2月にやってきた。これも、2月の赤字の大きな要因になった。

もう一件のプチ滞納

さらに、プチ滞納がもう一件あった。預金額の1月末update~プチ滞納による赤字発生~ で書いた、1月末に発生した2件のプチ滞納だが、2月末も支払いは無かった。さらに2月はプチ滞納がもう一件発生した。

つまり、常連の2件は、2月初旬に遅れた2月分の家賃を振り込み、2月末には3月分の支払いは無し。

新規の1件は、1月末に2月分の家賃を振り込むも、2月末には3月分の支払いは無し。

ということで、2月の家賃収入は1件分少なくなっている。

ただし、3物件とも3月初旬に家賃の振込はあり、大事には至っていない。

今後も試練は続く

以上が2月の赤字に大きく効いた要因となる。まあ、これだけ要因が重なれば、仕方がないという気もするが、財務基盤が貧弱な感は拭えない。

入院中に不動産屋から一件退去の連絡があった。3月は退去物件の敷金返還や現状回復など、出費が重なりそうである。繫忙期も過ぎてしまうため、次の家賃収入がいつ入ってくるかわからない。



また、今後、クレジットカードで支払った入院費の引き落としや2年分の国民年金の引き落としもある。

これまで、3ヶ月連続で大赤字であり、今後も赤字を脱出できる日が見えない。弱小大家でセミリタイア可能かなのかの真価が問われる、収支的に試練の日々が続きそうである。

コメント