巨額損失問題

セミリタイア生活

退職後、太ってしまったことによる損失

退職してから、あれよあれよと体重が増え続け、気づけば退職時から11kgも増えてしまった。

こうなってしまうと手持ちの普段着のズボンのウエストが入らないものだらけになってしまった。それだけではない。洋服ダンスに入っているスーツや礼服のスラックスのウエストも入らなくなり、使い物にならなくなっている。

会社員時代に買った腕時計を久しぶりにはめてみたところ、採血するときのバンドをはめたように締め付けがきつくて、血管が浮いてくるのではと思うほどで、使い物にならない。

金属のバンドなので、予備を継ぎ足して伸ばすかと思ったが、予備の継ぎ足しを探してみたところ、見つからない。結婚する前に購入したものなので、その後の2回の引っ越しで、どこかに行ってしまった。

普段着のズボンにスーツ、礼服、腕時計と3年間で11kg太ってしまったことにより、使えないものが一気に増えてしまった。

昨年は仕方なく、夏用、冬用のズボンそれぞれ1本と、スーツを一着新調するはめになった。これは、尋常な損失ではない。普段着のズボン夏冬の替えやスーツの夏冬用、礼服の夏冬用や腕時計まで、すべて新品で揃えるとなると、数十万円になるだろう。

体重を落とすためにウォーキングを始めた

ズボンやスーツがもったいないというケチ根性と、さすがに、このメタボぶりは健康面からもヤバいと、体重を落とすべく、退院して目の中のガスが抜けたころから、1日に8キロ以上、歩くようにした。

有酸素運動が脂肪を燃やすには良いと聞くからである。下手に走ったりすると、転んで骨折したり、アキレス腱を切ったりしたら、さらにお金が掛かるので、無難に早歩きでウォーキングすることにした。

コロナ警戒で、駅前や幹線道路など、人通りの多い道を避けて、ひたすら、住宅街の中の道をマスクをして歩いている。さらに、基本は人通りの少ない夜に歩いているが、時には何かの用事を兼ねて昼間に歩くときもある。



出来るだけアップダウンの多い道で、1キロ10分のペースで歩くようにしている。雨の日はさすがにつらいので、中止するが、それ以外の日は特別な用事が無い限り休まず、歩いている。

月に一回ほど、網膜剥離の手術入院した病院に、術後の経過観察ということで通院しているが、先日は通院先まで、片道6キロを公共交通機関を使わず、往復歩いてみた。

交通費も節約できるし、有酸素運動にもなるので、一石二鳥である。また、車では通らない道を歩くことで、こんなところにこんな史跡や店があったのかと、いろいろと気付くことも多く、面白い。

新たな損失発生

右目の網膜剥離手術で入院し、退院後、もう2ヶ月になるが、右目の視力はまだ、回復していない。2年前の健康診断では、眼鏡を掛けて、1.0~1.2程度あった視力も、正確に測ったわけではないが、現在は0.2~0.3程度までしか回復していない。また、視野の中心が小さく見える現象もそのままである。

そのためかどうか、夜のウォーキングの時に、なにかの段差につまずき、危うく転びかけた。幸い、転倒はしなかったが、その際に、靴底が半分剥がれてしまった。

靴も買い替えかと、新たな損失の発生を覚悟した。しかし、昨年、空室物件で、ビニール製のソフト巾木が一部剥がれていたところを貼り付けた際に使用した、どんな材質でもOKの接着剤セメダイン 超多用途接着剤 スーパーXクリア スリム AX-043 P20mlが、付きが良かったことを思い出した。

それを出してきて、思いっきり靴底に塗りたくり、体重を掛けて貼り付けた。ゴムの靴底と靴本体の皮の部分との接着はどうかと分からなかったが、見た目はしっかりくっ付いたようであった。

それから、100km以上歩いているが、靴底は剥がれないので、接着状態は問題無いようである。ひとまず、靴買い替えの危機は。回避した。この接着剤はどんな材質でも付きが良くて、ちょっとした修繕はお勧めの商品である。

ちなみに、肝心の体重だが、ウォーキングを始めて1ヶ月強で1kg程度しか減っていない。そんなに急には減らないと思っているので、気長に11kg減を目標に、ウォーキングを続けていこうと思っている。

コメント