預金額の5月末update~再び赤字~

セミリタイア生活

記事小規模不動産投資のセミリタイアは成功か失敗か検証する で書いたように、小規模小借金の不動産投資によるセミリタイアが成功か否かを検証するために、毎月末、預金残高のチェックをしている。その月の(不動産投資の手取り収入)が(生活費+税金+社会保険料)より多いのか少ないのかを、月末の預金額の増減で判断している。

5月末の預金額は前月比で-2万円となった。預金額の4月末update~ひと月で100万円を超える赤字~ で書いたように前月の4月に大赤字の膿を出したものの、5月も再び赤字となった。

また、5月は月末に固定資産税の支払いに行った程度で、大家の仕事はほとんどなかった。

5月の大家の仕事

5月の大家の仕事だが、通常の仕事に加えて、固定資産税等を支払いにコンビニに行ったことくらいで、暇な1ヶ月であった。特に大きな出費を伴うような出来事は無かった。

5月の大家の仕事

【初旬】
家賃振込確認のため銀行に記帳に行く
賃貸契約書に署名捺印してポストに投函する

【中旬】
特になし

【下旬】
地代、管理費の振込
賃貸管理している不動産屋から電話を受ける
固定資産税の振込
電気、水道料金の支払い

電気、水道料金は、記事クッションフロアの凹みをDIYで補修 のDIYとハウスクリーニング向けに使用していたときのものなので、大した金額ではない。

賃貸契約書もこの物件のものであり、不動産屋がゴールデンウィークで休暇に入ってしまったため、契約書の取り交わしが遅くなってしまったものである。

固定資産税については、退職後初、クレジットカード申込みに挑戦 で書いたようにコンビニでnanaco払いした。

また、月末には賃貸管理している不動産屋から、孤独死が発生 の連絡を受けた。

ここに書いた仕事以外では、適宜インターネットバンキングで家賃の入金はチェックしていたくらいであり、特に大きな動きはない月であった。

プチ滞納再び

プチ滞納常連の2件が、5月末に6月分の家賃を振り込んで来なかった。

両者とも、4月末には滞納なく振り込んで来たので、5月中の受取家賃は、この2件分、丸々少なくなったことになる。

この2件分の家賃が、5月のマイナスに大きく影響している。区分6室、戸建5戸の弱小大家なので、2件分の未収家賃の影響はかなり大きい。

常連のうち一件は、6/1に入金確認できた。後は、記事家賃入金のトラブル発生 で書いた常連については、6/2現在まで入金が確認されていない。

また、面倒なことにならないか、冷や冷やする日々である。

高額療養費の振込がされる

記事国保の高額療養費申請と株価下落 で書いた国保の高額療養費の申請の件である。

申請書には振り込みまで、1ヶ月から1ヶ月半後と書いてあったので、振り込まれるのは6月中かと思っていたところ、月末近くに、5/28発行の「国民健康保険高額療養費支給決定通知書」が送られてきて、5/31に振り込まれた。

これが、上記プチ滞納を相殺する金額になったのだが、5月は家庭内でいろいろと出費が重なり、この支給を受けても、少々、マイナスになってしまった。



今のところ、退去の連絡も無く、満室をキープしているので、この間に収支をプラスにして、少しでも預金を増やしたいのだが、家庭があるので、いろいろと出費もあり、なかなかうまく行かない。

家庭持ちの弱小大家がセミリタイア可能なのか、真価が問われる時であるが、満室である現在では、上記の滞納の対応を頑張るしか出来ることも無い状況である。

コメント