水漏れ地獄とその後の対応

不動産投資

水漏れの損害賠償に関して調べてみる

損害賠償請求された話 最終回 で書いたように、所有物件の水漏れで多額の損害賠償を言われるまま支払った私は、それまでは全く気にしていなかった水回りの不具合の怖さを知ることになった。

そこで、いろいろとネットで調べてみると、下階が店舗の場合、水漏れで数百万円の損害賠償請求をされるという例もあるらしい。

店舗の場合、高額な機材がダメになるだけでなく、その機材の修理の間の休業の補償もしなければならないようである。

所有物件のうち、2階の区分で真下が店舗という物件がある。この物件で水漏れを起こして、下階の店舗が営業できなくなったら、確かに数百万円の損害賠償請求はあるだろう。

その2階の区分で水漏れを起こしたら、これまで不動産投資してきた利益は一気に吹き飛び、破綻するぞと、しばらく、戦々恐々としていた。

しかし、そのうちに会社員の多忙な日々に追われて、喉元過ぎれば熱さを忘れるではないが、その恐怖も徐々に薄れていった。

退職後に再び恐怖の出来事が…

退職してしばらく経ったある平日、その恐怖を呼び覚ますとんでもない事件が発生する。

所有物件の一つである区分マンションの空室の原状回復をしていた時、空室専門の激安クロス張替え業者にクロスを張り替えてもらう施工日のことである。

その業者の携帯番号で着信があった。当日は私は現地に立ち会わず、現地のキーボックスの番号を教えていたのだが、キーボックスが開かなくなってしまったのかなと軽い気持ちで電話に出てみた。

すると、業者曰く、上から水漏れしてきていて、その水漏れが止まらないと、クロスの張り替え作業ができないとの連絡であった。

私は、何が起こっているのかさっぱり分からずに、ただ、セミリタイア生活に入っていて時間だけはあったので、急遽、現地に駆け付けることにした。

現地では業者が張り替えでクロスを剥がした状態となっていて、確かに石膏ボードが水に濡れている。

この状態ではこれ以上、作業を進めることができないので、クロス張替え業者には一旦、帰ってもらうことにした。

マンションの管理会社に連絡する

このままの状態では賃貸募集も出来ないので、とにかく早く水漏れを止めないといけない。

私は、このマンションの管理組合が管理を委託している管理会社の担当者に電話をしてみることにした。この担当者とは、以前、別の事件で私が協力したために、それ以来、気心知れた付き合いである。



電話をしてみると、「あっ、弱小大家父さんですか。今日も、お宅のマンションに行っていましたよ。水漏れが発生していて、原因が分からずに大変なんですよ。ところで、今日はどうしましたか?」とタイムリーな反応をしていた。

私は自分の部屋にも水漏れの被害が及んでいることを話し、調査に必要なら、自分の部屋に入ってもいいとキーボックスの番号を伝えたのであった(続く)。

当ブログは、にほんブログ村、FC2ブログランキング、人気ブログランキングに参加しています。面白かったらいずれかにポチっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

(お知らせ)株式口座100万円突破記念に、知識も手間も不要!NISA口座だけで7万3千円を6年間で100万円にした私の方法 (弱小大家父さん出版)を出版しました。NISA口座で7万3千円を投入してから、どのような手法で100万円まで到達したかを実際に売買した取引記録と併せて、紹介しています。Kindle Unlimited会員なら、無料で読むことがでます。会員でなくても、Kindle本かペーパーバックとして購入は可能です。

不動産投資
小規模小借金の不動産投資でセミリタイアした私の方法

コメント