水漏れ地獄とその後の対応 最終回

不動産投資

前回の水漏れ地獄とその後の対応続きとなる。

管理組合の保険対応

水漏れは私の部屋の2階上の部屋から発生していた。その後の調査により、水漏れは床下の給湯の配管が破裂したものだと分かったと管理会社の担当者から聞かされた。

また、私の部屋の修繕には、管理組合が入っている保険で対応できるとのことであった。

給湯の配管ということは、水道メーターの内側なので専有部分であり、管理組合の共有部分向けの保険は適用されないと思われるのですがと聞いてみたが、保険は適用されるとのこと。

以前、私が経験した損害賠償請求された話 の時との違いが良く分からないが、とにかく今回の漏水は管理組合の保険が適用されるらしい。

2階下の私の部屋まで水が浸入して来たくらいなので、被害は相当の範囲に広がっていたものと思われる。

私の部屋に関しては、結局、石膏ボードの交換が広い範囲で必要になり、約30万円の修繕費となった。損害賠償請求された話 最終回 の時の損害賠償請求の金額とほぼ同額である。

その後、管理組合の保険金請求は無事、承認され、私に石膏ボードの交換費用が支払われた。

やはり漏水の被害は大きい

今回漏水を起こした箇所は給湯の配管とのことで、専有部分の漏水と思われるが、管理組合の保険が適用された。

今回、2階下の私の部屋だけで、約30万円の修理費が掛かり、他の部屋も含めた全体の修理費は大変な額であると思われた。万が一、保険が適用されなければ、漏水元の部屋のオーナーは大変な損失であった。

以前の私の損害賠償請求された話 のケースが、なぜ管理組合の保険適用されなかったのか。おそらく、キッチンパネルの裏で、完全に部屋の中の配管だったからだと思われるが、本当にそれで正しいのかはよく分からない。

ただ、区分の場合、一度、水漏れを起こすと被害額は甚大になるということを、改めて思い知らされた。

セミリタイア中に起こったこの事件で、過去の損害賠償請求のトラウマも思い出し、すっかり水漏れ恐怖症になってしまった。

損害賠償請求された話 の時は、会社員であったため、日々の生活が多忙で、徐々に恐怖も薄れて来たのだが、セミリタイア生活では、常に頭の中から離れず、どんどん悪いほうに妄想が膨らんでいくという状態になった。

保険代理店に相談してみる

私は、居ても立っても居られなくなり、損害賠償請求された話 その2 で書いた保険代理店の代表に相談してみることにした。

平日のある日、事務所を訪れてみた。以前の旧自宅近くの事務所は従業員が増えたために移転してしまって、今の事務所は大きな駅の駅近のビルに入っていた。

私は代表に何かいい保険はないかと相談すると、たいていの漏水は、マンションの管理組合の保険か入居者の火災保険で何とかなるので、弱小大家父さんのケースは相当運が悪い。どうしても保険に入るならと、施設所有管理者向け賠償責任保険の水漏補償特約を紹介され加入することにした。



漏水補償特約は約款によると、『給排水管、冷暖房装置、湿度調節装置、消火栓、業務用器機もしくは家事用器具からの蒸気もしくは水の漏出もしくはいっ出またはスプリンクラーからの内容物の漏出もしくはいっ出による財物の損壊に起因する損害に対して、保険金を支払います。』とのこと。保険の約款らしく分かりにくい文章だが、この内容からすると、いざという時には役に立つのだろう。

この保険加入で少しは漏水の恐怖心は薄らいだが、ひとたび漏水を起こせば多大な心労を伴うことは経験済みなので、この保険の出番が無いこと切に願うばかりである。(完)

当ブログは、にほんブログ村、FC2ブログランキング、人気ブログランキングに参加しています。面白かったらいずれかにポチっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

(お知らせ)株式口座100万円突破記念に、知識も手間も不要!NISA口座だけで7万3千円を6年間で100万円にした私の方法 (弱小大家父さん出版)を出版しました。NISA口座で7万3千円を投入してから、どのような手法で100万円まで到達したかを実際に売買した取引記録と併せて、紹介しています。Kindle Unlimited会員なら、無料で読むことがでます。会員でなくても、Kindle本かペーパーバックとして購入は可能です。

不動産投資
小規模小借金の不動産投資でセミリタイアした私の方法

コメント