不思議な賃貸管理会社 その3

不動産投資

前回不思議な賃貸管理会社 その2 の続きとなる。

月曜日に現地で担当者と待ち合わせる

単身赴任先から東京の自宅に土曜日に戻り、さらに週末に続く月曜日に有給休暇を取得し、神奈川県の2DK区分に向かった。

前回不思議な賃貸管理会社 その2 で書いたが、この物件を賃貸管理している会社の担当者と会い、鍵を渡してもらうためである。

このころには、会社側には翌年に退職することを伝えていた。会社側からは、退職日前に有給休暇をまとめて使用するのは止めてほしいと言われていたことから、週末に東京の自宅に戻るときに、土日に連なる金曜日か月曜日に有給休暇を取得していた。

そこで、今回は月曜日に有給休暇を取得して担当者と現地で落ち合うことにしていた。担当者も不動産関係なので土日は仕事も忙しいだろう。そのため、1ヶ月近く掛けて作成した原状回復の見積を却下されて、鍵を渡しに来るだけの業務を、貴重な土日に時間を割いてもらうのは悪いという気もあった。

担当者と初めて対面する

待ち合わせはマンションのロビーであった。私は待ち合わせ時間より、少し早く来てしまったので、とりあえず、マンションのロビーに入ってみる。

このロビーには入るのは初めてであった。買った時もオーナーチェンジだったので、外観をチラッと見ただけであった。マンションのロビーに入り、初めてオートロックは無いことを知った。

待ち合わせ時間ジャストにマンションの前に車が止まり、きちっとしたスーツ姿の男性が降りてきた。
「弱小大家父さんですか?」
「あっ、はい。」
という感じで、電話では十回以上は話している担当者と初対面した。担当者は威圧感も無い普通の人であった。私と同年代かちょっと下くらいと思われた。

原状回復の見積を却下したことに怒っている感じでもなく、見た目も怖そうな人でなくて良かったと、内心、安堵していた。

初めて自分の部屋に入る

オーナーチェンジでの購入あったため、購入してから10年近くして、初めて自分の部屋に入る。玄関に入るなり、かなりボロボロの廃墟感を感じた。

「は~。かなり傷んでいますね~。」と、言外に入居者が負担する分もあるんじゃねと含ませたが、「20年以上、住まわれていましたからね。」と何事も無かったように反応する担当者。

原状回復の見積に入っていた割れたガラスを確認すると、確かに熱割れらしく、以前窓ガラスが熱割れした話 で見たときのように直線状にヒビが入っていた。

まあ、全体的には相当傷んでいるが、自分で手配すればなんとかなるっしょと思い、「分かりました。原状回復は私の方で行います。」と言うと、「ハウスクリーニングだけでも、うちに任せてもらえると助かるのですが、ダメでしょうか?」と聞かれた。

ハウスクリーニングは入居者負担の上、この会社に敷金の精算業務をしてもらう必要があるので、そこはお任せでいいやと、お願いすることにした。原状回復の見積を却下した負い目みたいなものもあったので、ハウスクリーニングくらいはという気持ちもあった。

担当者をロビーまで送ると…

最後に部屋の鍵を一本貰い、私は、原状回復に必要な個所の確認と写真を撮りたかったので、まだ、部屋に残ることにしたが、一旦、担当者をロビーまで送って行くことにした。

ロビーまで来ると、お互い、「本日はありがとうございました。」と頭を下げた。そのときに、どこから来たのか、菓子パンの袋のようなごみが風に吹かれて、ロビーに入ってきた。

担当者はさりげなくそのごみを拾い。もう一度私に、「それでは、失礼いたします。」ともう一度頭を下げて、ごみを持ったまま車に戻って行った。

今日、初めて担当者と会ったが、見た目も怖くないし、真面目でいい人なのかもしれない。原状回復は金額的にさすがに却下してしまったが、賃貸募集と賃貸管理は継続してもらおうと思った。

おそらく1月半ばには原状回復も終わるだろう。そうなれば、ハウスクリーニングを入れても、2月3月の繁忙期の賃貸募集には十分に間に合う。

この会社の実力は分からないが、繁忙期なら入居者を決めることはそれほど難しくないだろうと考えていた(続く)。

当ブログは、にほんブログ村、FC2ブログランキング、人気ブログランキングに参加しています。面白かったらいずれかにポチっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

(お知らせ)株式口座100万円突破記念に、知識も手間も不要!NISA口座だけで7万3千円を6年間で100万円にした私の方法 (弱小大家父さん出版)を出版しました。NISA口座で7万3千円を投入してから、どのような手法で100万円まで到達したかを実際に売買した取引記録と併せて、紹介しています。Kindle Unlimited会員なら、無料で読むことがでます。会員でなくても、Kindle本かペーパーバックとして購入は可能です。

不動産投資
小規模小借金の不動産投資でセミリタイアした私の方法

コメント