総額9万円で検2年付の中古車を手に入れた話 その2

不動産投資

前回の総額9万円で検2年付の中古車を手に入れた話 にて、大学生時代にたまたま書籍で、激安で車検2年付の中古車を入手する方法を知り、こんな素晴らしい方法があるなら、実際にやってみようと決意をしたところまで書いた。

今回は、その続きである。

購入する車の条件を考える

まずは、購入する車の条件を考えないといけない。

狙いとしては、重量税、自賠責保険等の法定費用込みで総額10万円以下とし、車種は軽自動車とした。

当時住んでいた実家は田舎で、幸い1000ccクラスの小型車くらいなら、もう一台停められるくらいの空きスペースはあった。

小型車も選択肢に加えたほうが、解体屋でまだ乗れる車を見つけられる可能性が高くなるだろうが、小型車でも重量税、自賠責保険は軽自動車よりは格段に高く、予算の法廷費用込みで10万円は不可能である。

そのため、軽自動車オンリーで探すことにした。車両本体を5万円で取得できれば、その後の整備費用次第にはなるが、重量税と自賠責の合計約3万円の法定費用込みで、総額10万円以下での取得を達成できる可能性がある。

目的の車を探し始める

前回にも書いたが、激安で車検2年付の車を入手する方法の手順は、以下のようになる。

手順1 解体屋を巡り、まだ、動く車を探す
手順2 まだ、動く車で良いものが見つかったら、譲ってもらえないかと交渉する
手順3 仮ナンバーを取得し、車を自宅まで運び、必要な整備をする
手順4 自動車検査場に持ち込み、ユーザー車検をパスさせ、新規登録し、ナンバーを交付してもらう

まずは、手順1で解体屋に行って、まだ乗れそうな車を見つける必要がある。ただし、今回は軽自動車オンリーになるので、いきなり解体屋に行っても空振りが多そうである。

当時はインターネットも携帯電話も無い時代。そのため、NTTの電話帳、タウンページの自動車解体というところを開いて、家から近いところから、片っ端に電話を掛けてみることにした。

まずは、同じ市内の解体屋に電話を掛ける。受話器を取って、番号をプッシュしようと思うが、相手が何と言うかと思って躊躇する。

「はあ?うちは中古車屋じゃないよ!」とか、邪険に扱われないだろうか、などと想像がぐるぐる巡るが、「えいっ、ままよっ。」と決意して、番号をプッシュした。

相手が電話に出ると、「あの~、まだ走れる軽自動車を探しているのですが、ありますか?」とダイレクトに聞いてみた。

どんな反応が返って来るのかと身構えるが、「軽ですか。ついこの間まで、いいのがあったんだけど。」と、邪険に扱われることは無かった。

私はお礼を言って、電話を切ったが、この方法で電話帳の解体屋に電話をし続ければ、いつかは、目的の車を見つけられるのではないかと、手ごたえを感じられる解体屋の応対であった。

本で書いてあるように、本当に激安で車検2件付きの中古車を入手できるかもしれない。そう感じた私は、タウンページの自動車解体の1件1件に電話を掛け始めたのだった。(続く)

当ブログは、にほんブログ村、FC2ブログランキング、人気ブログランキングに参加しています。面白かったらいずれかにポチっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

(お知らせ)株式口座100万円突破記念に、知識も手間も不要!NISA口座だけで7万3千円を6年間で100万円にした私の方法 (弱小大家父さん出版)を出版しました。NISA口座で7万3千円を投入してから、どのような手法で100万円まで到達したかを実際に売買した取引記録と併せて、紹介しています。Kindle Unlimited会員なら、無料で読むことがでます。会員でなくても、Kindle本かペーパーバックとして購入は可能です。

不動産投資
小規模小借金の不動産投資でセミリタイアした私の方法

コメント