総額9万円で検2年付の中古車を手に入れた話 その4

不動産投資

前回総額9万円で検2年付の中古車を手に入れた話 その3 において、ようやく解体屋で5万円の軽自動車を見つけ、いよいよユーザー車検やナンバー取得に向けて動き出した話となる。

ついに第一歩を踏み出す

二つ隣の市の山の中にある解体屋で、ようやくお目当ての、まだ動きそうな軽自動車を見つけ、こちらの希望通りあった5万円で譲ってもらえることになった。

最初の総額9万円で検2年付の中古車を手に入れた話 でも書いた、本の手順で言えば、手順2まで、到達したことになる。

手順1 解体屋を巡り、まだ、動く車を探す
手順2 まだ、動く車で良いものが見つかったら、譲ってもらえないかと交渉する
手順3 仮ナンバーを取得し、車を自宅まで運び、必要な整備をする
手順4 自動車検査場に持ち込み、ユーザー車検をパスさせ、新規登録し、ナンバーを交付してもらう

この調子で行けば、本当に法定費用込みの総額10万円以内で、車検2年付の車を入手できるかもしれない。

この無謀なチャレンジの第一歩を、ついに踏み出したことに興奮冷めやらぬ、当時、若かった私は、自宅までバスと電車を乗り継ぐのが面倒になり、歩いて帰ることにした。

しかし、これは無謀であった。季節は8月中旬、まだ、思いっきり暑い。当時、歩いた道をGoogle mapでルート検索すると、実に15キロ以上ある。

その日は良く晴れていて、さんさんと輝く太陽による灼熱地獄の中、這う這うの体で、死にそうになりながら、自宅に着いたのだった。

ブルーインパルスを目撃&オリンピックスタジアムまで歩く でも書いたが、若いときも今も、似たようなことをしている。ちなみに、現在も、巨額損失問題 の問題を解消するため、ウォーキングは続けている。

書類はいつ来るのか?

解体屋の爺さんによると、必要な書類が準備できるまでに、2週間掛かると言う。しかし、2週間経っても連絡は来なかった。

私は不安になり、解体屋に電話を掛けた。すると爺さんが出て、悪びれた様子も無く、あと少し待てと言う。

仕方なく、待っているが、やはり連絡が来ないので、1週間後に電話を掛けるが、また、とにかく待てと言われる。

そんなことを繰り返し、もう、諦めるしかないのかと思い始めたころ、解体屋の爺さんから電話が掛かって来て、種類が準備できたから取りに来いとのこと。

ホッとしたが、買付を入れてから1ヶ月半、経過していた。「おせーよ、もう大学、始まっちゃったじゃん。」と思いつつ、今から行くと言った。

なぜセミリタイアしたのか~生き方ミニマリスト~ で書いたようにチャランポランな学生だったが、どうしても学校に行かなくてはならない日もいくつかある。

夏休み中だったら動きやすかったのにと思いつつ、5万円を持って、解体屋に向かった。さすがに歩くのは止めて、電車とバスを乗り継いて、解体屋に向かった。

いよいよ決済

久しぶりに解体屋に到着した。掘っ立て小屋に到着すると、爺さんが「これ。」と言って一枚の紙を差し出す。B5の半分の大きさのオレンジ色の紙で、「軽自動車検査証返納確認書」と書いてある。

これ一枚だけかいと思いつつ、5万円を払う。当然、領収書なんてものは存在しない。

爺さんに、仮ナンバーを取って来るから、数日、この敷地に置いておいてくれと言うと、いつでもいいよと、あっさりOKされた。

いつでもいいよと言った割には、3日後くらいに、この爺さんから、車、いつ取りに来るんだと催促の電話があった。

仮ナンバーをを取りに行くのは市役所で平日しか動かないし、大学始まったから、動ける日は限られてる、もう少し待ってくれと伝えた。

仮ナンバーを取得する

その後、大学を休んでも大丈夫そうな平日に、自宅近くの保険代理店に行き、自賠責保険に入る。

B5半分の紙ぺらの「軽自動車検査証返納確認書」には、形式や車体番号など、保険に入るための情報はすべて記載されている。そして、その日から25ヶ月分の保険に入った。

車検は新規で取得するので、保険に必要な期間は2年間だが、プラス1ヶ月は前後の予備日となる。とにかく、1ヶ月以内に車検を通して、ナンバーを取得しなければならない。

その足で、急ぎ、市役所に向かう。「軽自動車検査証返納確認書」と自賠責保険の証書があれば、仮ナンバーを発行できるからである。

市役所では、使用理由「整備のため」として、手数料を払い、仮ナンバーを交付してもらった。たまに街中で見かける、赤い斜め線が入っているナンバープレートである。

そして、さらに電車とバスを乗り継ぎ、解体屋に到着。爺さんに「車、取りに来ました。」と声を掛けて鍵を貰い、自分で軽自動車に仮ナンバーを装着し、いよいよ公道を走ることになった。

見送る爺さんに、「ありがとうございました。」と言うと、「頑張ってね。」と返って来た。この後も、何度か苦難に陥り、「頑張れ。」という言葉を聞くのだが、この時は、そこまでは想像できなかった。(続く)

当ブログは、にほんブログ村、FC2ブログランキング、人気ブログランキングに参加しています。面白かったらいずれかにポチっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

(お知らせ)株式口座100万円突破記念に、知識も手間も不要!NISA口座だけで7万3千円を6年間で100万円にした私の方法 (弱小大家父さん出版)を出版しました。NISA口座で7万3千円を投入してから、どのような手法で100万円まで到達したかを実際に売買した取引記録と併せて、紹介しています。Kindle Unlimited会員なら、無料で読むことがでます。会員でなくても、Kindle本かペーパーバックとして購入は可能です。

不動産投資
小規模小借金の不動産投資でセミリタイアした私の方法

コメント