株の近況&KDPがペーパーバック出版を開始

株式投資

KDPがペーパーバック出版を開始

私がKindle本、知識も手間も不要!NISA口座だけで7万3千円を6年間で100万円にした私の方法 (弱小大家父さん出版)を出版しているKDP(Kindle Direct Publishing)が、10月20日よりKindle本のペーパーバック出版サービスを開始した。

昨日、KDPのページにログインしたときに、「ペーパーバックの作成」というボタンがあることに気が付いた。

何だこりゃと思い、調べてみたところ、どうやら、10月20日にKindle本を無料でペーパーバック出版できるようになったという日本で紙書籍(ペーパーバック)の出版が利用できるようになりました のお知らせがあったらしい。

私も知識も手間も不要!NISA口座だけで7万3千円を6年間で100万円にした私の方法 (弱小大家父さん出版)のKindle本をペーパーバックとしても販売しているが、こちらは、NextPublishing POD出版サービス というKDPとは別の出版社で今年1月に作ったものである。

すでに網膜剥離はかなり進行していたと思われる中、Kindle本出版で苦戦した話 PODプリント本、いよいよ出版へ で書いたように悪戦苦闘の末、無料でぺーバーバック出版をした。

無料でぺーバーバック出版するには手順が複雑で、実際に出版できたときは、よくぞ無料で出版できたと得意な気分であった。

それに、ここまで面倒ならば、Kindle本を出版しても、ペーパーバックまで作ろうとする人は少ないであろうと思われた。

しかし、今回、Kindle本を出版しているKDPから直接、無料でペーパーバックが出版できるようになったことで、ペーパーバック出版のハードルが下がった。

誰でもペーパーバックが出版できるようになることはいいことだとは思うが、苦労して出版した私自身は、かなり残念な気がしたことは否めない。

株式投資の近況

最近の株式口座の近況だが、1銘柄で配当が支払われたことで、買付余力であるところの現金残高等が少々増えた。

しかし、株価自体には動きは少なく、このまま年末を迎えそうである。

今年の初めに、NISA口座で全力で買付する の記事において、買付余力目いっぱいにNISA口座で買付した1月13日の日経平均の終値が28,456円59銭であったが、昨日の日経平均の終値が28,459円72銭で、奇しくも、ほぼ同額である。

今年の初めに、買付余力目いっぱいに仕込んだときの1月13日の株式口座の評価額が1,022,429円となる。

1月13日の取引時間終了時の株式口座

それに対して昨日の株式口座の評価額が1,223,262円となり、1年で20万円ほど評価額が増えたことになる。

12月15日の取引時間終了時の株式口座

今後も投資手法は変えずに運用する

今年も、これまでと投資法を変える訳でもなく、Kindle本知識も手間も不要!NISA口座だけで7万3千円を6年間で100万円にした私の方法 (弱小大家父さん出版)で書いた方法そのままで運用を続けた結果、横ばいの日経平均に対して、プラス約20%の利益となった。

今年の株式投資は、これまでの年と比べると数字的にはぱっとしないが、それでも、日経平均以上のパフォーマンスはあり、不動産投資では純利回り20%はなかなか難しい数字であることを考えると、一応、成功したと思うことにしたい。

このまま年末を迎えそうだが、来年も投資手法は変えずに運用を続け、Kindle本知識も手間も不要!NISA口座だけで7万3千円を6年間で100万円にした私の方法 (弱小大家父さん出版)に書いた恐ろしく単純な投資手法の実力を確認していく。

7万3千円しか株式市場に投入しない理由 で書いたように自己資金はすでに回収してしまっている上、これに生活が懸かっているというわけではないので、損を恐れる必要がない状態である。

そのために、どんな結果になっても、投資手法は変えないで運用を継続していき、さらに増えていくようなら、また、Kindle本を出版したい。

そのときは、ペーパーバック版はKDPから出版しようと思う。

当ブログは、にほんブログ村、FC2ブログランキング、人気ブログランキングに参加しています。面白かったらいずれかにポチっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

(お知らせ)株式口座100万円突破記念に、知識も手間も不要!NISA口座だけで7万3千円を6年間で100万円にした私の方法 (弱小大家父さん出版)を出版しました。NISA口座で7万3千円を投入してから、どのような手法で100万円まで到達したかを実際に売買した取引記録と併せて、紹介しています。Kindle Unlimited会員なら、無料で読むことがでます。会員でなくても、Kindle本かペーパーバックとして購入は可能です。

株式投資
小規模小借金の不動産投資でセミリタイアした私の方法

コメント