かぼちゃの馬車事件に関するテレビ番組を見て

不動産投資

今週の月曜日に、NHKで逆転人生「巨額の投資詐欺事件 銀行の不正を暴け」という番組がやっていて、録画しておいたものを昨晩見てみた。それで思うところがあったので、それを書いてみる。


見事な逆転劇

この番組のゲスト出演者の、実際にかぼちゃの馬車詐欺にあった被害者の男性が、自ら先頭に立ち他の被害者たちをまとめて、スルガ銀行から、物件後の売却した残りの残債は棒引きという被害者救済策を引き出したという話であった。

詐欺にあった当初は、相談した弁護士たちに、銀行に金利を下げてもらう交渉をするか、自己破産するしかないと言われて、家族のために死んで借金を返すしかないのかという絶望の淵に落ちる。

しかし、死ぬ前にやれるだけのことはやろうと、自ら他の被害者たちをまとめて、また、協力してくれる弁護士を見つけ、スルガ銀行との長い間の交渉の末、「物件売ったら残債はチャラ」の被害者救済策を引き出したという点では、確かに、番組名の通り、逆転人生であった。

出演者の元被害者は、当時は、家電メーカーのサラリーマンで、自らかぼちゃの馬車の被害者団体を取りまとめてスルガ銀行と戦い、現在は、スルガ銀行の被害者を救う仕事に専従している。

たいへん堅実そうで、仕事もできそうな人であったが、そもそも、どうして詐欺の被害に遭ってしまわれたのだろうか。



どうして詐欺に遭ったのか

最初に相談した何人かの弁護士たちに、金利を下げてもらう交渉をするか、自己破産するかしかないと言われながら諦めずに戦い抜き、スルガ銀行側の譲歩を勝ち取った、今回の出演者の行動力はたいへん立派なものだと思う。私だったら、そこまで行動できないだろう。

おそらく、当時のサラリーマンの本業でも仕事もかなりできる人であったと思われる。

しかし、そのような優秀な人が、自分のお金を一切使わず、管理等の煩わしい業務はすべてお任せで、30年間毎月20万円のキャッシュフローが得られるという胡散臭い話に飛びついて、物件を購入してしまうということが不思議でならない。

そんなに儲かるなら、いちいち個人に紹介しないで、自社で回していくでしょ、とは考えないのだろうか。

出演者は、当時、娘二人が私立の学校への進学を希望していたことと、自分たちの老後の心配もあり、購入してしまったと述懐していた。

もともと番組の趣旨が、詐欺に遭って絶望の淵に落ちたが、そこから頑張って逆転したというものなので、詐欺にあった部分は掘り下げずにさらっと通過していた。


お金に対して自制心を持つのは難しい

豊田商事以降、投資詐欺のニュースは後を絶たない。

やはり、人間、楽して儲けたいという心の弱い部分があり、そこを突かれてしまうと、優秀な人でもコロッと騙されてしまうのではないか。

そのため、詐欺被害はこれからも発生しつづけるのだろうなと、改めて感じた。

今回の番組で出演していた元被害者も、物件を購入する前にかぼちゃの馬車を運営するスマートデイズの事業について調べた結果、人材派遣会社や結婚相談所などのシェアハウスに提携する事業もたいへん好調で、将来性がありそうだと購入に踏み切ったそうである。

購入前に調査したと言っても、毎月の20万円に目がくらんでいる以上、少しでも良い情報を得て、安心したいというだけの行為に過ぎない。

また、女性の社会進出に貢献したかったなどという取って付けたような前向きな理由も言っていた。

もっと高い見地で、自己資金も手間も無く毎月20万円ものキャッシュフローがあるなら、なぜ自社で回さないのか、なぜこれを自分のような何もない個人に勧めるのだろうかとは、優秀な人でも欲に目がくらむと考えられないようである。

事実、この提携事業は実態が全く無く、完全に詐欺であったと、後に分かるのである。




普通の詐欺なら、詐欺の首謀者はトンズラしていて、被害者は泣き寝入りするしかないパターンだが、かぼちゃの馬車の件は、首謀者のスマートデイズの片棒を担ぐ形で体力のあるスルガ銀行がいたので、そこを標的とすることで、泣き寝入りを回避できたというところが、これまでの投資詐欺の結末とは異なるところである。

優秀そうなゲスト出演者を見ていると、お金の力というのは実に恐ろしい、どんなに優秀な人でも、お金を目の前にすると、盲目的にされてしまうような力があると感じる。

そのような人間の本性がある以上、投資詐欺というのは永遠に無くならないし、今回の元被害者同様に家族がいる自分も気を引き締めなければならないと、改めて自戒したのだった。

当ブログは、にほんブログ村、FC2ブログランキング、人気ブログランキングに参加しています。面白かったらいずれかにポチっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

(お知らせ)株式口座100万円突破記念に、知識も手間も不要!NISA口座だけで7万3千円を6年間で100万円にした私の方法 (弱小大家父さん出版)を出版しました。NISA口座で7万3千円を投入してから、どのような手法で100万円まで到達したかを実際に売買した取引記録と併せて、紹介しています。Kindle Unlimited会員なら、無料で読むことがでます。会員でなくても、Kindle本かペーパーバックとして購入は可能です。

不動産投資
小規模小借金の不動産投資でセミリタイアした私の方法

コメント