かぼちゃの馬車事件について本心を正直に書く

不動産投資

前回のかぼちゃの馬車事件に関するテレビ番組を見て で、NHKで放映された、逆転人生「巨額の投資詐欺事件 銀行の不正を暴け」を見て、思ったところ書いた。

ただし、これはかなりオブラートに包んだような表現だったので、今回は、思ったことを正直にそのまま書いてみたい。


投資家としてあまりにお粗末すぎないか?

今回の詐欺の首謀者であったスマートデイズが提案するかぼちゃの馬車投資だが、番組で放映された例では、自分のお金は一切使わず融資で投資ができ、融資の返済期間である30年をスマートデイズが一括借り上げで家賃保証するので、確実に毎月20万円のキャッシュフローがあり、返済期間が終われば、世田谷区の土地をタダで丸々手に入れられるという、誰がどう見ても胡散臭い話である。

普通の人の感覚なら、「明らかに怪しいだろ、これ。」と、一笑に付すような内容である。

しかも、元被害者のゲスト出演者の場合、購入後、建築に詳しい友人に物件を見せたところ、購入価格の半分しか価値が無いと告げられ、これは詐欺だと言うのである。

しかし、購入前に物件の図面は見せてもらっており、土地の場所と面積、建築面積と構造(RC、木造など)が分かれば、ちょっと調べれば、実勢価格の半分くらいの価値であることを事前に知るのは、それほど困難なことではない。

つまり、この実勢価格の2倍で売りつける段階で、先に投資した人の配当(家賃収入)を確保するために、次々と新しい客に売りまくるという、「投資詐欺あるある」と気付かないのだろうか。

しかもこれは元本保証の預金と異なり、あくまでも投資であり、リスクを取って利益を取りにいく行為であるため、得をすることもあれば損をすることもあるのである。

その厳しい投資の世界で、「買った後に、価値が半分だと分かりました。」では、あまりにも投資家としてお粗末ではないだろうか。



これは果たして被害者なのか?

自分のお金は一切使わず、毎月20万円のキャッシュフローが確実に30年続くという、誰がどう見ても怪しい話を、出演者をはじめとする元被害者たちは、目の前にぶら下がっている毎月の20万円に目がくらんでいたと思うが、このシェアハウス投資は大丈夫だと投資家して判断しているのである。

にもかかわらず、この人たちは詐欺の被害者なのだろうか。私には、欲の皮が突っ張った投資の敗残者にしか見えない。

負けた以上は、自己破産すればいいじゃないですかと思うが、それも嫌だ、自分たちの生活を守りたいという。

そして、自分たちに融資をしてくれたスルガ銀行に対して、銀行がスマートデイズとグルになって、通帳の残高を改ざんしてまで無理やり融資を通さなければ、このようは被害に遭わずに済んだ、この責任はどう取ってくれるんだと詰め寄るのである。

さらに、最も非難されるべき首謀者のスマートデイズの方にはこの損失を補填する体力が無いと判断すると、スルガ銀行がこの詐欺に関わっていた証拠を出してくれれば、スマートデイズに対しては罪を不問にするとして、スルガ銀行が関わっていた証拠を出させた後、スルガ銀行に対して、集中砲火を浴びせるのである。

しかし、投資家としてのレベルはともかく、元被害者たちは、この投資は怪しくないので、銀行が2億円の融資を実行してくれれば、毎月20万円が確実に得られると、投資家として自ら判断しているのである。そのために必要な2億円の融資を、スルガ銀行が方法はどうあれ実行してくれている。

番組の再現VTRを見る限り、スマートデイズが暴力的な勧誘をしたわけでもなく、弱みに付け込んだような卑劣な勧誘をしたわけでもなく、あくまでも元被害者の自己判断で投資が行われている。

にもかかわらず、儲かれば自分の手柄、損すればすべて銀行が補填しろというのは、この人たちの辞書には投資は自己責任という言葉は無いのだろうかと疑ってしまう。


本当に同情すべきは

私が思う本当に同情すべき投資詐欺は次のようなものである。

1.何時間も軟禁されて、泣く泣く買わされたもの
2.結婚詐欺で買わされたもの
3.紹介料目当ての職場の上司に半強制的に勧められたもの

など、暴力的なものや弱みに付け込んだものである。

1.は新築ワンルーム投資でよく聞く手法で、話を聞くだけと指定されたレストランに行くと、いかつい男たちに囲まれて、何時間もの言葉攻めにあい、最後は意識がもうろうとして、この苦しみから逃れられるのならと契約書にサインしてしまったというものである。軟禁という暴力的な手法で無理やり契約させられたものである。

2.も新築ワンルーム投資で聞く話だが、婚期で焦っている女性に対して、結婚をちらつかせ、将来のためにと投資したほうがいい、信頼できる人を紹介するといって、買わせてしまうものである。

3.も新築ワンルーム投資で聞く話だが、紹介料に目がくらんだ上司が部下たちに投資を進めるというものである。職場の場合は、今後の会社人生を考えると、上司の勧めを無下にできないというところもあり、仕方なく、買ってしまったというものである。

2.3.は完全に人の弱みに付け込んでいて、断りずらく、たいへん悪質である。

こういう暴力的なものや人の弱みに付け込んだものは、私も同情すべき投資詐欺だと思う。



それに対してかぼちゃの馬車の被害者は、明らかに詐欺っぽい話を、これは素晴らしい投資だと自ら判断して(欲に目がくらんで)、自ら契約しているのである。

そのため、元被害者たちに対しては、「無謀な大勝負して負けたのに、自己破産しなくて済んで、ラッキーでしたね、不動産投資の世界では、負けて自殺したり、一家離散したりする例は普通にありますけどね。」というくらいの感情しかないというのが、正直なところである。(完)

当ブログは、にほんブログ村、FC2ブログランキング、人気ブログランキングに参加しています。面白かったらいずれかにポチっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

(お知らせ)株式口座100万円突破記念に、知識も手間も不要!NISA口座だけで7万3千円を6年間で100万円にした私の方法 (弱小大家父さん出版)を出版しました。NISA口座で7万3千円を投入してから、どのような手法で100万円まで到達したかを実際に売買した取引記録と併せて、紹介しています。Kindle Unlimited会員なら、無料で読むことがでます。会員でなくても、Kindle本かペーパーバックとして購入は可能です。

不動産投資
小規模小借金の不動産投資でセミリタイアした私の方法

コメント