好立地物件の空室が埋まらない

不動産投資

現在、区分1室の賃貸募集をしている。退去発生 で書いたように、2月中旬に退去があり、その退去前から募集を開始しているが、現時点でまだ申し込みは無い。

前回の記事で、「かぼちゃの馬車の被害者たちは欲の皮が突っ張った投資の敗残者だ。」などと暴言を書いた罰が当たったのだろうか。そろそろ繁忙期も終わりそうなので、ピンチである。



入居者が決まらない物件の概要

現在、募集中の区分だが、前にも書いたが私の所有物件の中で唯一、山手線の内側にある物件となる。

広さは16平米ちょっとの1Kである。まあ、はっきり言ってワンルームだが、キッチンと居室の間にドアがあるので、とりあえず1Kとなっている。

16平米ちょっとしかないので、当然、3点ユニットバスである。

この物件は、これまで長く住んでくれた人がいなく、常に更新前に退去してしまう物件となっている。

そのため、ついに自己資金を回収する で私の所有物件それぞれの過去トータルの収支をまとめているという話を書いたが、その中でもこの物件の収支が一番悪い。この物件に限っては、自己資金を全く回収できていない。

一方、山手線の内側ということで、売ってくださいというDMが最も届く物件となっている。

売ったら譲渡所得税が高そうなので、私としては、この繁忙期を逃して空室が続いたとしても売るつもりは無い。


契約している賃貸管理会社

現在、入居者が決まらなくて、たいへん困っているこの物件だが、賃貸管理しているのは、このマンションを建てたディベロッパーの関連会社である。

この物件を中古で購入した時に、前所有者がここに賃貸管理を依頼していて、私もそのまま引き継いでいる。

自主管理に切り替えて賃貸管理費を節約したいという考えもあるのだが、この賃貸管理会社には、賃貸管理契約を解除するには3ヶ月前に申告しなければならないというルールがある。

入居者がいる最中には、さすがに管理を変更する気にならず、その一方、空室になっても次がすぐに決まるという状態で、賃貸管理契約の解除を宣言することができずに、ズルズルとここまで来てしまった。



設定家賃について

入記者が決まらないのは、賃貸管理会社云々より、単に設定賃料が高いんじゃないのという声も聞こえてきそうだが、athomeのサイトで、

・駅から徒歩10分以内
・マンション(アパートは除く)
・2階以上

の条件で検索し、さらに賃料の安い順でソートすると、上位30件には入っている。

私の物件より安い物件を見ると、1970年ごろに建築された古いもの、14平米以下の狭いもの、個人が狭い土地に無理やり建てたような部屋数もオートロックもないものなどで、私の物件が決まらないことはないように見える。

しかも、2年前に賃貸募集をしたときに、入居者が退去する前に内見無しに申し込みがあったときと同条件である。

事実、もう一件、同じフロアで、同じ広さの物件が募集を掛けているが、私の物件の賃料より6千円高い。

これで決まらないのはどうして?かぼちゃの馬車の呪いか?と、日々、鬱々としている。


賃貸管理会社に問い合わせをする

athomeの検索結果を見ると、賃貸管理会社と3~5件くらいの地元の不動産店がこの物件の広告を載せている。以前書いた不思議な賃貸管理会社 のように、自社で抱え込んで、他の情報を流していないわけではない。

にもかかわらず、なかなか申し込みがありましたと連絡は来ない。

もう繁忙期も終わるし、賃料を多少下げてでも決めたほうがいいのではと、居ても立っても居られずに、先日、賃貸管理会社に電話を掛けてみた。

電話に出た女性に、私の物件名を伝えると、担当者に代わりますと言い、すぐに、女性の担当者が出た。

私が、なかなか決まらないようなので、賃料の見直しをした方がよいのでしょうかと尋ねると、今でも十分相場より安いので、このままでいいです、明日も内見の予定があります、と言って賃料改定の提案は受け付けされなかった。

しかし、その内見予定の後も申し込みの連絡は来ず、まったくダメである。



3月中に入居者が決まらないようなら、これを機に、いよいよ賃貸管理契約解除の3ヶ月前宣言をしようかと考えている。

もちろん解除までの3ヶ月間の賃貸募集は継続してもらって、もし、その期間に入居者が決まるようなことがあれば、賃貸管理をそのまま継続してもらいたいと思うので、募集は手を抜かずに頑張ってくださいと申し添えるつもりである。

とにかく、今は、私としては何もできないので、早く決まってくれと祈るだけの日々を過ごしている。

当ブログは、にほんブログ村、FC2ブログランキング、人気ブログランキングに参加しています。面白かったらいずれかにポチっとお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

(お知らせ)株式口座100万円突破記念に、知識も手間も不要!NISA口座だけで7万3千円を6年間で100万円にした私の方法 (弱小大家父さん出版)を出版しました。NISA口座で7万3千円を投入してから、どのような手法で100万円まで到達したかを実際に売買した取引記録と併せて、紹介しています。Kindle Unlimited会員なら、無料で読むことがでます。会員でなくても、Kindle本かペーパーバックとして購入は可能です。

不動産投資
小規模小借金の不動産投資でセミリタイアした私の方法

コメント